スポンサードリンク

リーグ戦再開後には余裕を持った日程を! 「秋春制」への暫定移行も検討すべきではないか?(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

どうなる? ラグビー新リーグ構想 コロナの影響でずれ込み、2022年1月開幕か?!
[元記事]
サッカー・ルールを統括する「国際サッカー評議会」(IFAB)が、選手の交代枠を1試合3回から5回に拡大することを認める決定をした。2020年12月31日までの暫定措置で、実際に5人交代を認めるか否かは大会の規則によって決められる。

決定の目的は、新型コロナウイルス(Covid-19)対策。つまり、中断中の各国リーグ戦が再開された後に過密日程が予想されるからだ。
ヨーロッパではベルギー、オランダ、フランスが2019/20年シーズンの途中打ち切りを決めた一方、ドイツのブンデスリーガは5月16日から「無観客開催」という形で再開することが決まった。プレミアリーグなどは、おそらく7月以降に開催されることになりそうだ(アジアでは台湾や韓国でリーグ戦が再開)。

リーグ戦が再開されたとしても、次のシーズン(2020/21)の開幕を遅らせるわけにいかないから、かなりの強行日程で試合を消化せざるをえない。また、ヨーロッパでは、本来ならシーズンオフとなる暑い夏にリーグ戦が行われることになる。
つまり、「夏場の強行日程」を考慮して交代枠を拡大するというのが今回のIFABの決定の意図なのだ。

日本では、政府による緊急事態宣言が5月31日まで延長され、Jリーグ再開の見通しは立っていない。おそらく、最初は無観客での開催となるだろう。また、緊急事態宣言が解除された県から先行して再開するなど、様々な対応が予想される。
いずれにしても、Jリーグの再開は最短でも6月下旬だろう。

なにしろ、リーグ戦の中断から2か月半が経過したのだ。緊急事態宣言後はクラブとしてトレーニングもできないでいるのだから、選手のコンディションはかなり落ちているだろう。トレーニングでコンディションをフィジカル、メンタルの両面で戻し、また、チーム練習で試合勘を身に着けさせるためには、3週間くらいの準備が必要だろう。十分な準備をせずに再開すれば、負傷者が増える心配もある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク