スポンサードリンク

アピール機会を失った高校3年生を救う『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクト 発起人・野澤武史さんに聞く(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アピール機会を失った高校3年生を救う『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクト 発起人・野澤武史さんに聞く
[元記事]
次のステージでもラグビーを続けたい。しかし新型コロナウイルスの影響で各種大会が中止となり、アピールができなくなってしまった――。
そんな高校3年生の進路支援をするインターネット活動『#ラグビーを止めるな2020』が、5月中旬よりスタートしている。
監督らに選手のプレー動画を作成してもらい、「#ラグビーを止めるな2020」のタグ付けをしたSNS投稿を通じ、大学・トップリーグチームのリクルーターの目に止まるようにする。失われていたアピール機会をSNS上に創出した格好だ。
反響は大きく、プロジェクト公表直後から監督・選手による動画投稿が相次いだ。いまツイッターの「#ラグビーを止めるな2020」の投稿は、運命を切り開きたいラガーマンの情熱で溢れている。
プロジェクトの発起人は、J SPORTSのラグビー解説者としてもお馴染みの野澤武史さん。慶應高(神奈川)-慶大-神戸製鋼と歩んだ元日本代表フランカーだ。

現役引退後は日本ラグビー協会のリソースコーチとなり、長らくタレント発掘活動に従事。毎年5月から約2か月半は、全国9ブロックのトレセンを回り地道に才能を発掘してきた。
U17日本代表ではヘッドコーチなども経験した理論派であり、(株)山川出版社 代表取締役副社長という経営者の顔も持つ。
発端は問い合わせの急増だった。高校ラグビーは新型コロナウイルスの影響で春の選抜大会、夏の7人制大会を含めて各種大会が中止となり、リクルーター側も選手を見る機会を失っていた。野澤さんが言う。
「きっかけは大学のリクルーターから『良い選手はいないか』と聞かれることが増えたことです。『もっと困っている人がいるのでは』と考えました」
「すでに知られている強豪校の有名選手はいいですが、花園(全国高校ラグビー大会)に届かない学校の選手などはアピールができず、推薦も決まらない。このままでは日本ラグビー界全体の損失になると思い、高校3年生とリクルーターを繋げるプロジェクトを始めました」
反響の大きさに野澤さんも驚く。プレー動画を投稿した監督から「リクルーターからコンタクトがあった」と吉報も届いているという。
投稿動画の中にはタレント発掘の専門家である野澤さんですら初見の選手もいるという。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク