スポンサードリンク

鉄人・大野均、灰になってもまだ燃え続けた男の引退会見(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

鉄人・大野均、灰になってもまだ燃え続けた男の引退会見
[元記事]
先日、今シーズン限りでジャージーを脱ぐことを発表した、ラグビー日本代表最多キャップ数『98』を誇る東芝ブレイブルーパスのLO(ロック)大野均(42歳)の引退会見が、5月22日(金)にオンラインで行われた。
冒頭、大野はやや緊張した面持ちで「大学からラグビーを始めて、素人同然の私を誘っていただき、(東芝の)社員のみなさまをはじめ、多くの人に励まされここまでやってこられました。
『灰になってもまだ燃える』が私の信条ですが、1年ほど前から膝の痛みがでてきて、昨年末、別メニューで調整してきたが回復が見られず、昨年のワールドカップの(日本代表の)躍進や東芝のラグビー部内でも若い選手の台頭が見られてとても頼もしく感じ、これ以上、選手としてやり残したことはないとの思いを感じ、引退を決意しました」と話した。

続いて「これまでの長い間 東芝、日本代表のプレーを多くの方に応援していただき、頑張ってくることができました。スタジアム内外の声援のおかげでここまで現役をまっとうできました。
今後は私を育てていただいた株式会社東芝、東芝ブレイブルーパスに恩返しができるような活動をしながら『大野均』として、これから自分のできること、自分にしかできない道を見つけて、日本ラグビー界に貢献していきたいと思っております」と真っ直ぐに前を向いた。

やはり、両膝の痛みが慢性化し、走ることが難しいこと、悪化したことが引退の大きな要因となったようだ。誰かに相談することはせずに、自ら引退を決めた。
「今年の1月、トップリーグが開幕し、漠然と今シーズンが最後になるのかなとシーズンを過ごしてきました。
新型コロナウィルスの影響で、グラウンドでの練習ができず、ふと朝起きて走れるかなと思って2・3歩走ってみたら、それでも膝が痛くて ここが潮時なのかなと思いました。
『身体を張る』という部分では(東芝の後輩LOの)梶川喬介、小瀧尚弘に受け継いでいってほしい。また、日本中の日本人LOが日本代表として活躍できるのを楽しみにしています」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク