スポンサードリンク

【楕円球のある光景】「レジェンドの引退」2010年秩父宮ラグビー場 大畑大介(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【楕円球のある光景】「レジェンドの引退」2010年秩父宮ラグビー場 大畑大介
[元記事]
2010年12月11日、秩父宮での神戸製鋼vs東芝。2010-2011シーズンでの引退を表明している大畑さんを撮影できる最後の日。もうこの選手を試合で撮影できることはない。。
さかのぼること約10年… 2001年元旦。
当時中学3年生だった私はなんとなくチャンネルを変えたテレビに釘付けになった。
映っていたのは当時日本代表だった大畑さん。
「プロスポーツマンNo.1決定戦」という番組で、初出場ながら2位に大差をつけての優勝。
驚異的な身体能力に魅了され、ラグビーとはどんなスポーツなのか気になった。
「ラグビー」「神戸製鋼」「大畑大介」
いろいろと調べ始めてすぐに日本選手権での活躍を目にした。
試合を観たことでスポーツ全般に全く興味がなかった私がラグビーそのものを好きになり、高校1年生の頃には撮り始めていた。母校にラグビー部がなかったため、県営のグラウンドや試合会場になる高校に通った。それからずっと、出来る限り行ける限り、ラグビーの撮影に行くようになった。
トップリーグへも行けるようになり、迎えたこの日。
まだ関西での試合は残っていたが秩父宮ラグビー場はラストになる可能性があったため、多くのファンが詰めかけていた。残念ながらトライは見れなかったが、試合後もスタンドに残るたくさんの人がいた。サインや握手を求めるファンとそれに応える大畑さんを撮りながら、私もひとこと声をかけたいと思ったがグッとこらえた。そして、ラグビーをこれからも撮り続けようと決意した。
大畑さんを観ていなかったらこんなかっこいいスポーツに出会えていなかった。
こんなにラグビーの比重が大きい人生ではなかっただろう。
文/写真・谷本結利

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク