スポンサードリンク

己のプライドをかけて戦うラグビーワールドカップ プール戦終盤も僅差勝負続出 フィジー、ジョージアが強豪国から意地のトライ!(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

己のプライドをかけて戦うラグビーワールドカップ プール戦終盤も僅差勝負続出 フィジー、ジョージアが強豪国から意地のトライ!
[元記事]
日本代表のアイルランド戦勝利で一気に盛り上がった感のあるラグビーワールドカップ(RWC)だが、日本代表戦の面白さだけでは国民的なイベントにはならなかっただろう。どの試合も見どころがあって、楽しめたからこそ、日本国中が盛り上がったのである。日本代表戦以外も改めて見てみると面白い。

日本代表がサモアに勝ち、決勝トーナメント進出に王手をかけた4日後、日本代表が最後に倒さなければならない相手スコットランドはロシアと戦った(10月9日、エコパスタジアム)。この試合の4日後にスコットランドは日本代表戦を控えており、主力を温存。その中でSHジョージ・ホーンの3トライを含む、9トライをあげる。それはスコットランドの攻撃力の高さを見せつけるものだった。このときの先発メンバーで、日本代表戦も先発したのは、ダーシー・クレアム、トミー・シーモアの両WTBだけだ。

同日、大分スポーツ公園総合競技場では、プールDのウェールズ対フィジーが行われた。プールDは、10月8日現在、2勝1敗で勝ち点11のオーストラリアが首位に立ち、2勝で勝ち点9のウェールズが2位、フィジーは1勝2敗の7点で3位となっている。あと2試合を残すウェールズは、すでにオーストラリアに勝っていて、残すはフィジーとウルグアイ。勝利が十分に計算できる相手で1位通過が濃厚だった。しかし、フィジーがここで番狂わせを起こせば、オーストラリアが1位通過する可能性があり、準々決勝の組み合わせが変わるという重要な戦いだった。

開始3分、ウェールズのゴールライン直前でスクラムを得たフィジーは、SHフランク・ロマニがWTBチョスア・トゥイソヴァにパスを出し、トゥイソヴァはパワフルに突進しながらタックラーをかわして右コーナーに飛び込む。圧巻の個人技によるトライでフィジーが先制。前半30分、フィジーが10-7とリードしていた時間帯にウェールズがWTBジョシュ・アダムスのトライで逆転に成功する。この時は、シンビン(10分間の一時退場)でフィジーが一人少なかった。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク