スポンサードリンク

サンウルブズ、日本ラグビーの強化を支えた『日出ずる狼』の活動終了会見(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

サンウルブズ、日本ラグビーの強化を支えた『日出ずる狼』の活動終了会見
[元記事]
6月2日(火)、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズの運営法人である一般社団法人ジャパンエスアールが、『スーパーラグビー オーストラリア』への参戦が不可能になったことを受けて、オンラインにて記者会見を行った。ドキュメンタリー ~The REAL~ 【ラグビー ヒトコム サンウルブズ特集】新型コロナウィルス感染拡大の影響により、今シーズンのリーグ戦は中断し、サンウルブズはオーストラリアの国内大会への参戦を模索していた。
しかし、日本からオーストラリアへ入国できない措置が取られており、もし入国が許可されても選手は、トレーニングを開始する前にホテルの個室内で14日間の強制的な隔離が義務付けられ、さらに、チームが12週間滞在するための拠点も用意する必要があった。
その結果、サンウルブズが7月3日からオーストラリアで試合を行うための準備が間に合わないため、オーストラリア国内リーグに参戦しないという現実的な結論に至ったという。
サンウルブズは、来シーズンよりスーパーラグビーから除外されることが決まっており、これによって、5シーズンに渡るスーパーラグビーへの挑戦は、一旦終了することになった。

ジャパンエスアールのCEOである渡瀬裕司氏は「当初、(オーストラリア入国後の)隔離の間もトレーニングをさせてほしいと要望を出していたが、その通りにいかなかった」と話した。
そして、5月27日にオーストラリア協会から、今回、オーストラリア国内で試合は難しいと内々に通知を受けて、5月30日にチームミーティングを行い選手に伝え、前日のリリースに至ったという。
渡瀬CEOは「2020年のサンウルブズは、トップリーグと試合の時期が被り、選手派遣が難しく、多くのご心配をいただいた。パナソニックやいくつかのチームにはご協力をいただきながら、選手の中には覚悟を持って、退路を断って参加してくれた。
思いを持った集合体でまとまりのあるチームになれた。まだまだ、伸びシロのあったチームでしたが、こういう形でシーズン終了することになり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」と悔しそうに話した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク