スポンサードリンク

モウリーニョに感謝する日が、きっといつかやって来る(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

モウリーニョに感謝する日が、きっといつかやって来る
[元記事]
今回のマイベストシリーズは、少しだけ工夫を凝らしてみた。題して〈ジョゼ・モウリーニョのお気に入り〉。2004-05シーズンのチェルシー監督就任以降、彼の体制下にあったクラブが獲得したタレントのなかから、選りすぐりの11人をピックアップしてみた。

なお、チェルシーのジョン・テリーやフランク・ランパード、インテル・ミラノのハビエル・サネッティ、レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスなど、モウリーニョが着任する以前からそのクラブに所属していた者は対象外とした。

◆GK
ペトル・ツェフ(チェルシー)
◆DF
パウロ・フェレイラ(チェルシー)
リカルド・カルヴァーリョ(チェルシー)
ラファエル・ヴァラン(※R・マドリー)
アシュリー・コール(チェルシー)
◆MF
マイケル・エッシェン(※チェルシー)
チアゴ・モッタ(インテル)
ウィリアン(※チェルシー)
ウェズレイ・スナイデル(インテル)
アリエン・ロッベン(チェルシー)
◆FW
ディディエ・ドログバ(チェルシー)
(※=現役。陣形は4-2-3-1)

いやはやアクが強い。フィールドプレーヤーはヒールを演じることを厭わないタイプばかりだ。しかも、その役割はチームファーストと理解できている。また、彼らの多くがいまだにモウリーニョをリスペクトし、スナイデルやドログバはつねづね語ってきた。

「いまの自分があるのはモウリーニョ監督のおかげ」
さて、強靭、安心の中盤になったなと、我ながら感心している。エッシェンとT・モッタを守備的に配置し、攻→守の切替スウィッチに若干の誤差が生じるロッベン、あるいはスナイデルの背後をカバーする。P・フェレイラとA・コールの両サイドバックも高い位置をとれるため、ウィリアンを含めた二列目はボールロスト後の被カウンターを恐れず、より攻撃に重点を置けるだろう。

そして最終ラインでは、状況判断にすぐれたR・カルヴァ―リョがヴァランを自在に動かす。GKは安定感抜群のツェフだ。このメンバーなら、チャンピオンズリーグ優勝も夢ではない。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク