スポンサードリンク

【高橋大輔選手スペシャルセレクション】日本男子シングルとして、史上初めて世界のてっぺんに立った高橋「4回転を跳ばずに世界チャンピオンになるのは絶対に嫌」(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【高橋大輔選手スペシャルセレクション】日本男子シングルとして、史上初めて世界のてっぺんに立った高橋「4回転を跳ばずに世界チャンピオンになるのは絶対に嫌」
[元記事]
2019年全日本選手権を最後に、シングルスケーターとしてのキャリアを締めくくった高橋大輔選手。今はアイスダンサーとしての、新たなる冒険へと漕ぎ出したばかり。
そして今月6月は、日本男子として史上初めて世界チャンピオンに君臨した2010年世界選手権と、羽生結弦とのチャンピオンシップ初競演となった2011年四大陸選手権をピックアップです!

24年間の短くも濃縮された人生が、トランペットの音色とともに、氷の上で紐解かれていく。
ちょうど4年前。同じトリノの、まさに同じパラヴェーラ競技場のリンクで、荒川静香が史上初めて日本人フィギュアスケーターとして五輪金メダリストに輝いた。しかし、あの大会の高橋は、この2010年世界選手権と同じフリー最終滑走で..ジャンプのミスが続き8位で終えた。
約1年半前。練習中の転倒で右膝を負傷し、2008-2009シーズンを完全に棒に振った。手術とリハビリを経て、ようやく氷の上で練習を再開できたのは、それから約半年後のことだった。

そして1ヶ月前のバンクーバー五輪。SPを1位とわずか0.6点差の3位で折り返すも、FSで逆転ならず。それでもFSの演技構成点は出場選手の中で最も高い84.50点をマークし、なにより日本男子として初の銅メダルを手に入れた。

FSの「映画『道』より」は、高橋にとってこれ以上ないほどに、ふさわしいプログラムだったに違いない。フェデリコ・フェリーニの名作。人生における喜怒哀楽とは、すべてがそれぞれに尊く、ただのひとつでさえ欠くことのできない大切な要素である..そんなメッセージが詰め込まれた4分半。

演技冒頭で、当時いまだ誰も成功させていなかった4回転フリップを試みたのも、高橋にとっては必要なことだった。

「無謀な挑戦だ。やらないでおこうか」とも正直、悩んだそうだ。そもそもバンクーバー五輪では、4回転回避で着実な演技を選んだライサチェクが、見事金メダルに輝いているではないか。しかし高橋は「4回転を跳ばずに世界チャンピオンになるのは絶対に嫌」だった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク