スポンサードリンク

あの感動を語り合える幸せ。もう一度見るべき 「日本ラグビー史上最大の決戦」日本代表対スコットランド代表(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

あの感動を語り合える幸せ。もう一度見るべき 「日本ラグビー史上最大の決戦」日本代表対スコットランド代表
[元記事]
ラグビーワールドカップ日本大会について語れることは、なんと幸せなことか。いま、多くの人が実感していることだろう。観客席で肩を寄せあい、敵味方関係なくラグビーを楽しんだあの日々。それぞれの人にとって愛おしい時間はたしかにあった。日本代表が決勝トーナメント進出を決めた瞬間はその最たるものだろう。
プール戦最終日は2019年10月13日(日)だった。台風19号の被害が拡大するなか、前日のイングランド対フランス(横浜国際総合競技場)、ニュージーランド対イタリア(豊田スタジアム)、13日、釜石鵜住居復興スタジアムでのナミビア対カナダが中止になった。13日に予定されていたその他の3試合は天候の回復もあって決行された。
東大阪市花園ラグビー場ではトンガとアメリカが死闘を繰り広げた。ほぼ満員の22,012人の観客。名レフリー、ナイジェル・オーウェンズの笛。ヤマハ発動機ジュビロでプレーしたシアレ・ピウタウがトンガのキャプテンとして闘志を見せる。熊本県民総合運動公園陸上競技場では、ウェールズ対ウルグアイが行われた。ウルグアイは31人の登録選手のうち27名が別に仕事を持つアマチュア選手だった。その健闘に勇気がわいてくる。ウェールズのCTBハドレー・パークスは、2020年5月25日にパナソニックワイルドナイツ入りが発表された選手だ。
13日夜、日本ラグビー史上最大の決戦がキックオフされた。筆者はメインスタンドの解説席でこの試合を見ることになるのだが、あの日のすべてが人生の宝物のような時間だった。出演者が遅刻しては話にならない。ホテルからタクシーで競技場に向かったら、メディア受付から遠い場所で降ろされ右往左往。そのおかげで、高校時代のラグビー部の先輩、後輩と再会できた。
試合前、日本代表のドレッシングルームからのレポートでは、かつてない緊張感で、まさに心臓が口から飛び出しそうになった。試合ジャージーが整然とセットされ、選手たちを待つばかりの厳粛とした空気に圧倒された。試合前の君が代は放送用のヘッドセットを外して聞き入った。あれほど叫ぶように歌われた君が代を聞いたのは日本代表戦を40年以上見てきて初めてのことだった。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク