スポンサードリンク

バドミントン全英オープン、男女ダブルスで日本勢が初優勝(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

バドミントン全英オープン、男女ダブルスで日本勢が初優勝
[元記事]
バドミントン界で最も権威のある全英オープンで、日本勢が2種目を制覇した。最終日、男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)と、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)が、ともに初優勝を飾った。

日本勢の男子ダブルス優勝は、初めて。遠藤は、早川賢一日本代表コーチとのペアで過去3度準優勝の経験があり、渡辺は2018年に東野有紗(日本ユニシス)とのペアで混合ダブルスを優勝している。2人は、この大会が今季初戦だったが、素晴らしい活躍を見せた。準々決勝では、日本のペアを下して勝ち上がった世界ランク2位のアッサン/セティアワン(インドネシア)を撃破。決勝戦では、世界ランク1位のギデオン/スカムルジョ(インドネシア)と対戦。強打で狙われ続けた遠藤が耐え、ドライブ戦から渡辺が相手を崩しに行く展開の中、ファイナルゲームで大激戦を制した。16年リオデジャネイロ五輪の後に早川が引退したために誕生したペアで、1年毎に連係を高めてきたが、守備から主導権を握っていくスタイルは確立されつつある。今回の優勝により、五輪レースで園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)を抜いて日本勢トップ。五輪のメダル獲得へ近付いた。遠藤は「勇大と組み始めたときから、東京五輪に出るという話だったので、このランキングまで来たことは、計画どおり。(全英を)優勝することは思っていませんでしたけど、これを良い自信につなげて、もっと(実力を)上げていかなければいけないと思います」とさらなる成長を誓った。

福島/廣田は、準決勝で2016年リオ五輪の女王である高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)にストレートで完勝するなど、強い勝ち上がりを見せた。決勝戦でも、ドゥ・ユエ/リ・インフイ(中国)を寄せ付けなかった。本来の持ち味である高速ローテーションを発揮。これまで世界選手権で3年連続準優勝など大舞台では準優勝が多かったが、ついにビッグタイトルの獲得に成功。五輪の金メダルが見えてきた。福島は「一つ壁を超えられたと思うので、自信にしたい。(五輪が)どうなるか分からない状況ですが、しっかり準備して臨みたいと思います」と本番を見据えていた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク