スポンサードリンク

SIMフリー版「AQUOS zero2」3月13日発売、デュアルSIMに対応(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SIMフリー版「AQUOS zero2」3月13日発売、デュアルSIMに対応
[元記事]
 シャープは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「AQUOS zero2 SH-M13」を3月13日に発売する。想定価格は税別で10万円強になる見込み。【この記事に関する別の画像を見る】 AQUOS zero2は、画面サイズ6インチ以上かつバッテリー容量3000mAh以上の防水端末としては、世界最軽量となる約141gを実現したスマートフォン。
 残像を抑える高速表示が可能な6.4インチ有機ELディスプレイ、毎秒240回の高速スキャンに対応したタッチパネルを搭載。表示速度やタッチ性能が勝敗を左右するヘビーゲーマーにも快適なプレイ環境をアピールする。
 広角+超広角のデュアルカメラ仕様で、AQUOS初の画面内指紋センサーも搭載する。SIMフリー版は2枚のSIMカードをセットできるデュアルSIM仕様で、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応する。
■主な仕様
 Snapdragon 855(2.8GHz+1.7GHz オクタコア)を搭載し、メモリは8GB、内部ストレージは256GB。バッテリー容量は3130mAh。OSはAndroid 10。
 画面サイズは6.4インチ、画面解像度は2340×1080ドット(フルHD+)。120Hz駆動に残像低減のための黒画面挿入を組み合わせた疑似240Hzの高速表示に対応する。
 アウトカメラは、約1220万画素 F1.7の広角カメラと約2010万画素 F2.4の超広角カメラ。インカメラは約800万画素。IP68相当の防水・防塵性能を備え、おサイフケータイ、NFC、顔認証や画面内指紋認証に対応する。
 対応LTEバンドはBand 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19/20/28/38/39/41/42。nanoSIMカードを2枚利用でき、DSDVに対応する。IEEE 802.11a/b/g/n/acをサポートする。
 大きさは約158×74×8.8mm、重さは約141g。ボディカラーはアストロブラックのみ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク