スポンサードリンク

Microsoft、第10世代Core+Quadro RTX搭載可能な「Surface Book 3」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Microsoft、第10世代Core+Quadro RTX搭載可能な「Surface Book 3」
[元記事]
 Microsoftは5月6日(米国時間)、2018年に発売したSurface Book 2の後継となる「Surface Book 3」を発表した。日本でも6月5日より販売開始される予定で、一般消費者向けのモデルは190,800円から。【この記事に関する別の画像を見る】 CPUを第10世代Coreプロセッサ、GPUを最大でQuadro RTX 3000に強化し、性能が従来世代に比べて50%強化されている。また、最大で32GBのメインメモリを選択可能。従来モデルと同様に13型、15型の2つのモデルが用意されている。
■CPUが第10世代Coreプロセッサに、GPUがTuring世代に強化された新しいSurface Book 3
 Microsoftが2018年の10月に発表したのが、Surface Book 2。Surface Bookシリーズは、クラムシェルの形状をしていながら、電子ロック式のドッキングコネクタにより、タブレット部分と“パフォーマンスドック”とよばれるキーボードドックに分離できる2in1デバイスであり、ドックに外付GPU(dGPU)が入っていることが大きな特徴になっていた。
 最初の世代となるSurface Bookが13型のみが用意されていたのに対して、Surface Book 2世代では15型が追加されており、2つのディスプレイサイズから選べるようになっていた。CPUは第8世代Coreプロセッサ(一部モデルは第7世代)で、メモリは8GBないしは16GB、ストレージは最大1TBのNVMe SSDというスペックで、dGPUは15型がGeForce GTX 1060、13型がGeForce GTX 1050と、Pascal世代のGPUが搭載されていた。
 今回Microsoftが発表したSurface Book 3でも13型と15型の2つのラインナップが用意される。最大の強化点はCPUとGPU。CPUは第10世代Coreプロセッサとなり、dGPUは上位モデルでTuring世代のQuadro RTX 3000となる。モデルによってはGeForceが搭載されている。これにより、Xbox Game Passを契約することで利用できるゲームタイトルなどを1080pで60fpsで十分にプレイできる性能を実現している。
 また、従来は16GBまでだった最大メモリ容量も32GBに強化されている。これらのCPU/GPU,メモリなどの強化により前世代に比べて50%の性能強化を実現。バッテリ駆動時間は最大17.5時間。
 外観は従来モデルと同様で、左側にUSBが2つとSDカードスロット、左側にSurface Conncet(ドッキング/ACアダプタ端子)とUSB Type-Cとなっている。
 日本でも5月7日により予約が開始される予定で、6月5日により一般消費者向けには全国の家電量販店、Microsoft Storeで展開する。法人向けはMicrosoft認定リセラー、Microsoft Storeの法人窓口などで販売される。販売されるSKUのスペックと価格は以下のとおり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク